【おうちカフェのお店】珈琲・紅茶とお菓子作りのオンラインショップ

珈琲・紅茶とお菓子作り・パン作りの通販サイト【ご注文5,400円(税込)以上で無料配送】
フリーダイヤル 0120-46-5255(受付時間・平日9:30~17:00)愛されて60年
カートを見る
  • コーヒー豆
    • ブレンドコーヒー
    • ストレートコーヒー
    • 定期購入コーヒー
    • 送料無料コーヒー
    • 注文焙煎
    • ドリップバッグ
  • ディルマ紅茶
    • グルメシリーズ
    • フレーバーシリーズ
    • ワッテシリーズ
    • ハーブシリーズ
    • ガーデンフレッシュティー
    • 有機栽培紅茶&カフェインレス

ティー
    • バラエティシリーズ
    • エクセプショナルシリーズ
    • t-シリーズ
    • 送料無料紅茶
  • 製菓製パン材料
    • 小麦粉・粉類
    • ミックス粉
    • ナッツ・フルーツ・栗
    • 乳製品・油脂
    • 砂糖
    • チョコレート・ココア
    • イースト・酵母
    • フィリング
    • ゼリー・寒天・凝固剤
    • シロップ・ソース
    • エッセンス・スパイス
    • デコレーション
    • お菓子素材
    • 和菓子材料
    • ドーバー パストリーゼ77
  • 製菓製パンの道具・型
    • はかる
    • 混ぜる
    • ふるう・こす
    • 分割・切る
    • 伸ばす・敷く
    • 仕上げ
    • 絞る
    • 焼く
    • パン型
    • クッキー抜き型
    • パウンドケーキ型
    • シフォンケーキ型
    • デコ・ロールケーキ型
    • ゼリー・プリンカップ
    • マドレーヌ・マフィン型・グ

ラシンケース
    • パイ・タルト型
    • 袋・ラッピング
  • コーヒ・紅茶器具
    • コーヒー器具
    • 紅茶器具
  • 食品
    • コーヒー・紅茶に合うお菓子
    • ドリンク
    • 砂糖・フレッシュ
    • ジャム
    • パスタ
    • オイル・パスタソース
    • エスニック
    • 食品
  • ギフト
    • コーヒーギフト
    • ディルマ紅茶ギフト
  • お買い得商品
    • 今月のオススメ商品
    • 今月のオススメコーヒー
    • 今月のオススメ紅茶
おうちカフェのお店、新規会員登録はコチラから おうちカフェのお店、新規会員登録はコチラから

湯種で作る!もっちりロールパン

湯種で作る!もっちりロールパン
材料(6個分)
上白糖 10g
・塩 3~4g
・ぬるま湯(35℃前後) 120~130ml
《湯種用》
・熱湯 50ml
下準備
・バター(食塩不使用)はやわらかくなるまで常温に戻します。
・湯種用の強力粉と沸騰したばかりの熱湯を混ぜ合わせ5分ほど練り、60分程度そのまま放置し、ねかせます。
・始める直前に、ぬるま湯の中に砂糖とイーストを入れ、溶かしておきます。
作り方
1.【計量】ボウルに強力粉と塩を入れます。
2.【混ぜる】下準備で砂糖とイーストを溶かしたぬるま湯を一気に注ぎ、ヘラで混ぜます。
3.【捏ねる】おおよそ生地がまとまってきたらバターと下準備した湯種を手でちぎりながら加え、粉気がなくなるまで混ぜたら、生地をの上に移します。ここから手で生地をなめらかになるまで捏ねます。(10分程度)
4.【分割&丸め直し】生地を6等分し、丸め直します。
5.【ベンチタイム】それぞれ丸め直した後、きつく絞ったぬれ布巾をかけて生地を10分間休ませます。
6.【成形】1.生地を麺棒で楕円形に伸ばし、細長くなるように折りたたみます。片端あたりをやさしく手で転がして、尖らせてしずく型にします。2.尖らせた、先の細い方を下にして置き、中央から上下に向かって生地を25~30cmになるように伸ばします。3.伸ばした生地を上から下へ巻き込んでいきます。オーブンシートを敷いた天板に巻き終わりを下にして間隔をあけて並べます。
7.【仕上げ発酵】きつく絞ったぬれ布巾をかけて室温25~30℃で約30分間置いておきます。
【焼成】卵(分量外)を塗り、190℃に予熱した電気オーブンで約15~20分焼きます。
《注意事項》
湯種を作る際は必ず熱湯(90℃以上) を使用して下さい。良い状態の湯種が出来ない可能性があります。
また60分以上ねかせる場合は粗熱が取れたらラップで包み、冷蔵庫で保存してください。(最大48 時間保存可能)ただし、本捏ねする前に常温に戻してから使用してください。
・発酵機能付きオーブンがあれば、仕上げ発酵は発酵機能を使用してください。
・オーブンにより焼成時間、焼成温度が異なりますので、調整してください。

ページトップへ