【おうちカフェのお店】珈琲・紅茶とお菓子作りのオンラインショップ

珈琲・紅茶とお菓子作り・パン作りの通販サイト【ご注文5,400円(税込)以上で無料配送】
フリーダイヤル 0120-46-5255(受付時間・平日9:30~17:00)愛されて60年
カートを見る
  • コーヒー豆
    • ブレンドコーヒー
    • ストレートコーヒー
    • 定期購入コーヒー
    • 送料無料コーヒー
    • 注文焙煎
    • ドリップバッグ
  • ディルマ紅茶
    • グルメシリーズ
    • フレーバーシリーズ
    • ワッテシリーズ
    • ハーブシリーズ
    • ガーデンフレッシュティー
    • 有機栽培紅茶&カフェインレス

ティー
    • バラエティシリーズ
    • エクセプショナルシリーズ
    • t-シリーズ
    • 送料無料紅茶
  • 製菓製パン材料
    • 小麦粉・粉類
    • ミックス粉
    • ナッツ・フルーツ・栗
    • 乳製品・油脂
    • 砂糖
    • チョコレート・ココア
    • イースト・酵母
    • フィリング
    • ゼリー・寒天・凝固剤
    • シロップ・ソース
    • エッセンス・スパイス
    • デコレーション
    • お菓子素材
    • 和菓子材料
    • ドーバー パストリーゼ77
  • 製菓製パンの道具・型
    • はかる
    • 混ぜる
    • ふるう・こす
    • 分割・切る
    • 伸ばす・敷く
    • 仕上げ
    • 絞る
    • 焼く
    • パン型
    • クッキー抜き型
    • パウンドケーキ型
    • シフォンケーキ型
    • デコ・ロールケーキ型
    • ゼリー・プリンカップ
    • マドレーヌ・マフィン型・グ

ラシンケース
    • パイ・タルト型
    • 袋・ラッピング
  • コーヒ・紅茶器具
    • コーヒー器具
    • 紅茶器具
  • 食品
    • コーヒー・紅茶に合うお菓子
    • ドリンク
    • 砂糖・フレッシュ
    • ジャム
    • パスタ
    • オイル・パスタソース
    • エスニック
    • 食品
  • ギフト
    • コーヒーギフト
    • ディルマ紅茶ギフト
  • お買い得商品
    • 今月のオススメ商品
    • 今月のオススメコーヒー
    • 今月のオススメ紅茶
おうちカフェのお店、新規会員登録はコチラから おうちカフェのお店、新規会員登録はコチ

パン作り初心者さん向けQ&A

パン作り初心者さん向けQ&A

Q. 国産強力粉って何が違うの?

Q. プロも愛用!イーストといえばサフ!でも種類が多くてどれを選べばいいの?

Q. 一次発酵でうまく膨らまないのはなぜ?

Q. 発酵して膨らんだ生地をなんでガス抜きするの?

Q. せっかくうまくいってたのに生焼けしちゃった?

Q. 一度に食べきれない・・・どうやって保存するのがいい?


《材料》 Q. 国産強力粉って何が違うの?

A. 日本で消費されるパン用小麦のうち、約85%がアメリカやカナダ、ヨーロッパ産の外国小麦です。残り15%ほどが国産小麦です。国産小麦の生産量は約100万トン。
国産小麦は輸入ものに比べてタンパク質の含有量が少ないため膨らみはやや劣りますが、
しっかり歯ごたえのある香りのいいパンが作れます。


《酵母》 Q. プロも愛用!イーストといえばサフ!でも種類が多くてどれを選べばいいの?

A. 作りたいパンによって使い分けましょう。(インスタントドライイースト編)

失敗知らずで人気No.1赤サフ

【特徴】優れた発酵持続力を発揮するイーストです。冷凍生地にも安定した効力を発揮します。
【用途】食パン、フランスパン

菓子パン作りのヒーロー 金サフ

【特徴】安定性抜群なリッチな生地用イーストです。イースト臭が少なく、発酵の香りを生かすことができます。
【用途】食パン、菓子パン

驚くほど作業性抜群 青サフ

【特徴】赤サフからビタミンCを抜いており必要以上に生地が締まりすぎず、生イーストのような作業性が得られます。
【用途】食パン、フランスパン


《発酵》 Q. 一次発酵でうまく膨らまないのはなぜ?

A.パンが膨らむのは、グルテンの膜で包み込まれた炭酸ガスの気泡が生地内にたまり、それらが加熱されて膨張するからです。ガスの気泡が膨張することで、まるでゴム風船を膨らますようにグルテン膜も伸びてパンそのままのボリュームも大きくなります。

CHECK!
◎材料の入れ忘れ・分量違い
◎イーストが古い
◎こね不足
◎配合のバランス
◎温度管理
◎パン生地への愛情不足


《成形》 Q. 発酵して膨らんだ生地をなんでガス抜きするの?

A.ガス抜きとは、発酵して膨らんだ生地を一度叩いて平らにする作業です。別名『パンチ』ともいわれています。ガス抜きは一次発酵の後、行います。一次発酵でせっかく2倍ほど膨らんだ生地をつぶしてしまうのは、 もったいないような気がしますが、ガス抜きは、パンを膨らませるためには必要な工程の1つです。

[ガス抜きする理由]
◆生地内の温度を一定にする
◆イーストの働きを活発に
◆古いガスを出して新しい酸素を入れる
◆生地内の気泡を細かく、きめ細やかに
◆グルテン膜を刺激することで強くしてパンをより膨らませる


《焼成》 Q. せっかくうまくいってたのに生焼けしちゃった?

A.
原因 1)焼成に入る時には、予熱をしてからオーブンに入れます。予熱をせずにそのままオーブンに入れて焼くと生焼けになります。
原因 2)焼きたてパンをオーブンから取り出してすぐにパンきりナイフでカットすると、生地が糊状でべたべた生焼け状態です。 パンはオーブンからだしても予熱でさらに焼き上げています。オーブンからとり出したパンは、
網の上にのせ、粗熱をとってはじめて完成です。


《保存》 Q. 一度に食べきれない・・・どうやって保存するのがいい?

A.パンは冷凍保存が一番。

(1)1つずつラップまたはアルミホイルに包む
(2)空気を抜いてジップロックなどの密閉保存袋に入れる。この状態で冷凍庫へ。
たった2ステップ!

逆に、パンの保存に一番適してないのは、冷蔵庫。
○乾燥しやすく、パンがパサパサになる
○庫内の温度がパンを固くさせる
○匂いを吸収しやすいパンが他の食べ物の匂いを吸ってしまう
という理由で適していません。
ただし、フルーツや生クリームが入ったパンは常温では劣化してしまうので、冷蔵庫で保管します。これらのパンは冷蔵庫に入れていても当日中に食べきります。

秋の味覚!冷蔵庫で甘栗あんパン

秋の味覚!冷蔵庫で甘栗あんパン
発酵は冷蔵庫におまかせ!栗のような形のかわいらしい甘栗あんパン。秋の香りが口いっぱいに広がります。
材料(8個分)
上白糖 20g
・塩 3~4g
・ぬるま湯(35℃前後) 165~170ml
・《フィリング》甘栗あん 240g
・《仕上げ》けしの実 適量
下準備
・バター(食塩不使用)はやわらかくなるまで常温に戻します。
・始める直前に、ぬるま湯の中に砂糖とイーストを入れ、溶かしておきます。
・甘栗あんは30gずつ小分けにしておきます。
作り方
1.【計量】ボウルに強力粉と塩を入れます。
2.【混ぜる】下準備で砂糖とイーストを溶かしたぬるま湯を一気に注ぎ、ヘラで混ぜます。
3.【捏ねる】おおよそ生地がまとまってきたらバターを加え、粉気がなくなるまで混ぜたら生地をの上に移します。ここから手で生地をなめ らかになるまで捏ねます。(10分程度)
4.【一次発酵】生地の表面をはらせるように丸め、ボウルに戻します。
ボウルにラップをして室温25~30℃で約50分間置いておきます。
5.【フィンガーテスト】生地が2倍程度ふくらみ、指でそっと押して跡が残ればOKです。
6.【ガス抜き】生地全体をやさしく押さえて適度にガスを抜き、再び生地を丸めてボウルに戻します。
7.【二次発酵】ボウルにラップをして冷蔵庫で8~15 時間程度おやすみします。
おやすみ後、冷蔵庫からボウルを取り出し、60分程度常温に 戻します。(生地を20℃くらいにします。)
8.【分割&丸め直し】生地全体をやさしく押さえて適度にガスを抜き、8等分したら丸め直します。
9.【ベンチタイム】それぞれ丸め直した後、きつく絞ったぬれ布巾をかけて生地を10分間休ませます。
10.【成形】(1)生地を麺棒で三角形になるように伸ばし、小分けにしておいた甘栗あんを30gのせます。(2)生地の三つの角を真ん中で合わ せ、三角形になるようにとじ合わせます。(3)できた三角形の2つの底角同士をくっつけて全体の形を整えます。(4)生地の丸みのある部分に卵(分量外)を塗り、けしの実をつけ、それぞれオーブン シートを敷いた天板に間隔をあけて並べます。
11.【仕上げ発酵】ふんわりとラップをかけて室温25~30℃で約15~20分間置いておきます。
12.【焼成】けしの実のついていない頭の部分の生地にも卵(分量外)を塗り、190℃に予熱した電気オーブンで約15~20分焼きます。
《注意事項》
・発酵機能付きオーブンがあれば、一次発酵と二次発酵(仕上げ発酵)は発酵機能を使用してください。
・オーブンにより焼成時間、焼成温度が異なりますので、調整してください。

秋の味覚!今が旬 甘栗あんパン

秋の味覚!今が旬 甘栗あんパン
栗のような形のかわいらしい甘栗あんパン。秋の香りが口いっぱいに広がります。
材料(8個分)
上白糖 20g
・塩 3~4g
・ぬるま湯(35℃前後) 165~170ml
・《フィリング》甘栗あん 240g
・《仕上げ》けしの実 適量
下準備
・バター(食塩不使用)はやわらかくなるまで常温に戻します。
・甘栗あんは30gずつ小分けにしておきます。
作り方
1.【計量】ボウルに強力粉を入れ、次に砂糖とイーストを隣同士にくっつけて入れます。
塩は、砂糖とイーストの反対側の端に入れます。
2.【混ぜる】ぬるま湯を砂糖とイースト側へ一気に注ぎ、イーストを溶かすようにヘラで混ぜます。
3.【捏ねる】おおよそ生地がまとまってきたらバターを加え、粉気がなくなるまで混ぜたら生地をの上に移します。ここから手で生地をなめ らかになるまで捏ねます。(10分程度)
4.【一次発酵】生地の表面をはらせるように丸め、ボウルに戻します。
ボウルにラップをして室温25~30℃で約50分間置いておきます。
5.【フィンガーテスト】生地が2倍程度ふくらみ、指でそっと押して跡が残ればOKです。
6.【分割&丸め直し】生地全体をやさしく押さえて適度にガスを抜き、8等分したら、丸め直します。
7.【ベンチタイム】それぞれ丸め直した後、きつく絞ったぬれ布巾をかけて生地を10分間休ませます。
8.【成形】(1)生地を麺棒で三角形になるように伸ばし、小分けにしておいた甘栗あんを30gのせます。(2)生地の三つの角を真ん中で合わせ、三角形になるようにとじ合わせます。(3)できた三角形の2つの底角同士をくっつけて全体の形を整えます。(4)生地の丸みのある部分に卵(分量外)を塗り、けしの実をつけ、それぞれオーブンシートを敷いた天板に間隔をあけて並べます。
9.【二次発酵(仕上げ発酵)】ふんわりとラップをかけて室温25~30℃で約40 分間置いておきます。
10.【焼成】けしの実のついていない頭の部分の生地にも卵(分量外)を塗り、190℃に予熱した電気オーブンで約15~20分焼きます。
《注意事項》
・発酵機能付きオーブンがあれば、一次発酵と二次発酵(仕上げ発酵)は発酵機能を使用してください。
・オーブンにより焼成時間、焼成温度が異なりますので、調整してください。

ホームベーカリーを使って おうちで生食パン

ホームベーカリーを使って おうちで生食パン
とろけるような口どけの生食パン♪作りたてよりも、時間を置くことによりパン酵母の発酵臭が落ち着き、雑味が消え、味や風味が引き立ちます。1日置いて食べていただく食べ方がおすすめです。
材料(食パン1斤分)
はちみつ 30g
上白糖 10g
・塩 4g
★生クリーム 50ml 
・★牛乳 150ml
★部分を下記の分量に変更すると外側はデニッシュのようにサクサクと、内側はジューシーな食パンになります。
★生クリーム・・・100ml ★牛乳・・・100ml
下準備
・ホームベーカリー本体からパンケースを取り出し羽根を取り付ける。
・バター(食塩不使用) はやわらかくなるまで常温に戻します。
・水温は、お使いのホームベーカリーに合わせてください。
※室温が25℃以上の場合には水温5℃、室温が10℃以下の場合には水温30℃
作り方
1.パンケースに材料をすべてセットします。
※入れる順番やコースの設定はお持ちのホームベーカリーに合わせてお選びください。
2.パンケースを本体に戻し、コース選択後スタートボタンを押します。
3.焼き上がったらすぐにパンケースから取り出して冷まして出来上がり。

《角型生食パンに変身!》
角型生食パンに変身!
1.【計量】パンケースに上記の材料を入れ、パンコースに合わせ、スタートボタンを押します。
2.【分割&丸め直し】ブザーが鳴ったらすぐに取り出し、2等分に分割し、それぞれ丸め直します。きつく絞ったぬれ布巾をかけて生地を10分間休ませます。
3.【成形】(1)生地をめん棒で縦25cm× 横15cmの長方形に伸ばします。 (2)中央で生地が1cm 程度重なるように両端を折りたたみ、めん棒で馴染ませるように軽く上下に伸ばします。(3)手前から巻き、巻き終わりは閉じて下にして、 それぞれ油を塗った食パン型の両端に生地を入れます。
4.【発酵】ラップをかけて35℃で約50分間発酵させます。角型食パンの場合は生地が食パン型の8分目から9分目まできたら発酵完了です。
5.【焼成】210℃で予熱した電気オーブンを200℃に変更し、フタをして30分程度焼きます。
6.【仕上げ】焼き上がったら、型ごと30cmくらいの高さから落とし、中の蒸気を抜いてから、型 から取り出して、粗熱をとります。
《注意事項》
・成形後、発酵させすぎるとフタが閉まらなくなりますので、ご注意ください。
・オーブンにより焼成時間、焼成温度が異なりますので、調整してください。

生地から手づくり!おうちで簡単ピザ

生地から手づくり!おうちで簡単ピザ
作業時間約20分。おうちで簡単にピザが楽しめます♪
材料(2枚分)
・塩 3g
・ぬるま湯(35℃前後) 120~130ml
・お好みのフィリングやトッピング 適量
作り方
1.【計量】ボウルに強力粉、イースト、塩を入れてヘラで混ぜます。
2.【混ぜる】ぬるま湯を一気に注ぎ、さらにヘラで混ぜます。
3.【捏ねる】おおよそ生地がまとまり、粉気がなくなるまで混ぜたら生地をの上に移します。ここから手で生地をなめらかになるまで捏ねます。(10 分程度)
4.【分割&丸め直し】生地を2等分し、丸め直します。
5.【ベンチタイム】それぞれ丸め直した後、きつく絞ったぬれ布巾をかけて生地を15~20分間休ませます。
6.【成形】打ち粉(分量外)をし、生地を手で押さえながら均等な厚さにし、麺棒で生地を伸ばします。直径20cm 程度の円形にし、オーブンシートの上に移します。
7.【仕上げ】生地の表面にフォークで穴をあけ、オリーブオイルを塗り広げ、お好みのフィリングやトッピングを散らしてください。
8.【焼成】天板を入れて220℃に予熱した電気オーブンで約10~15分焼きます。
《注意事項》
・こねた後、生地をボウルに戻し、ラップをして室温25~30℃で約40分間置いておくと、生地が発酵します。1.5 倍程度ふくらんでから次の工程4【分割&丸め直し】を行なうと、生地のふんわり&もっちり食感が増します。
・オーブンにより焼成時間、焼成温度が異なりますので、調整してください。

冷蔵庫でオレンジブールパン

冷蔵庫でオレンジブールパン
発酵は冷蔵庫におまかせ!サクサクのクッキー生地と中のふんわり生地が絶妙です。
材料(6個分)
上白糖 20g
・塩 3~4g
・オレンジジュース 165~175ml
・《フィリング》バター(食塩不使用) 30g
・《フィリング》グラニュー糖 30g
・《フィリング》全卵 30g(1/2個)
・《フィリング》薄力粉  30g
・《仕上げ》オレンジスライス(輪切り) 6枚
・《仕上げ》お好みでスライスアーモンド  適量
下準備
・バター(食塩不使用)はやわらかくなるまで常温に戻します。また、全卵はおやすみ後に常温に戻しておきます。
・オレンジジュースは、人肌程度(35℃くらい) に温めておきます。
・始める直前に、温めたオレンジジュースの中に砂糖とイーストを入れ、溶かしておきます。
作り方
1.【計量】ボウルに強力粉と塩を入れます。
2.【混ぜる】下準備で砂糖とイーストを溶かしたオレンジジュースを一気に注ぎ、ヘラで混ぜます。
3.【捏ねる】おおよそ生地がまとまってきたらバターを加え、粉気がなくなるまで混ぜたら生地をの上に移します。ここから手で生地をなめらかになるまで捏ねます。(10分程度)
4.【一次発酵】生地の表面をはらせるように丸め、ボウルに戻します。ボウルにラップをして室温25~30℃で約50分間置いておきます。
5.【フィンガーテスト】生地が2倍程度ふくらみ、指でそっと押して跡が残ればOKです。
6.【ガス抜き】生地全体をやさしく押さえて適度にガスを抜き、再び生地を丸めてボウルに戻します。
7.【二次発酵】ボウルにラップをして冷蔵庫で8 ~ 15 時間程度おやすみします。
おやすみ後、冷蔵庫からボウルを取り出し、60 分程度常温に 戻します。(生地を20℃くらいにします。)
8.【分割&丸め直し】生地全体をやさしく押さえて適度にガスを抜き、 6 等分したら丸め直します。
9.【ベンチタイム】それぞれ丸め直した後、きつく絞ったぬれ布巾を かけて生地を10 分間休ませます。
★この間に、フィリングのクッキー生地を作ります。バターとグラニュー糖をすり 混ぜた後、溶きほぐした全卵を少しずつ加え、最後に薄力粉を加え混ぜます。絞り袋に移し焼成前まで冷蔵庫へ入れておき ます。
10.【成形】1.生地を手で押さえながらそれぞれ直径10cmくらいの円にしてオーブンシートを敷いた天板に間隔をあけて並べます。
11.【仕上げ発酵】きつく絞ったぬれ布巾をかけて室温25~30℃で約15~20 分間置いておきます。
★この間に、仕上げ用のオレンジスライスをキッチンペーパーなどで余分な水分を切っておきます。
12.【焼成】オレンジスライスを中央にのせる為、真下を避けるようにフィリングを絞り出し、オレンジをのせて軽く押さえ、お好みでスライスアーモンドをトッピングします。180℃に予熱した電気オーブンで約15~20分焼き、粗熱が取れたら、ミントの葉(分量外)を飾ると爽やかさが増します。
《注意事項》
・発酵機能付きオーブンがあれば、一次発酵と二次発酵(仕上げ発酵)は発酵機能を使用してください。
・オーブンにより焼成時間、焼成温度が異なりますので、調整してください。

オレンジブールパン

オレンジブールパン
サクサクのクッキー生地と中のふんわり生地が絶妙!
材料(6個分)
上白糖 20g
・塩 3~4g
・オレンジジュース 165~175ml
・《フィリング》バター (食塩不使用) 30g
・《フィリング》グラニ ュー糖 30g
・《フィリング》全卵 30g(1/2個)
・《フィリング》薄力粉  30g
・《仕上げ》オレンジスライス(輪切り) 6枚
・《仕上げ》お好みでスライスアーモンド 適量
下準備
・バター(食塩不使用)はやわらかくなるまで常温に戻します。また、全卵も常温に戻しておきます。
・オレンジジュースは、人肌程度(35℃くらい) に温めておきます。
作り方
1.【計量】ボウルに強力粉を入れ、次に砂糖とイーストを隣同士にくっつけて入れます。
塩は、砂糖とイーストの反対側の端に入れます。
2.【混ぜる】温めたオレンジジュースを砂糖とイースト側へ一気に注ぎ、イーストを溶かすようにヘラで混ぜます。
3.【捏ねる】おおよそ生地がまとまってきたらバターを加え、粉気がなくなるまで混ぜたら生地をの上に移します。ここから手で生地をなめらかになるまで捏ねます。(10分程度)
4.【一次発酵】生地の表面をはらせるように丸め、ボウルに戻します。ボウルにラップをして室温25~30℃で約50分間置いておきます。
★この間に、フィリングのクッキー生地を作ります。バターとグラニュー糖をすり混ぜた後、溶きほぐした全卵を少しずつ加え、最後に薄力粉を加え混ぜます。絞り袋に移し焼成前まで冷蔵庫へ入れておきます。
5.【フィンガーテスト】生地が2倍程度ふくらみ、指でそっと押して跡が残ればOKです。
6.【分割&丸め直し】生地全体をやさしく押さえて適度にガスを抜き、6等分したら、丸め直します。
7.【ベンチタイム】それぞれ丸め直した後、きつく絞ったぬれ布巾をかけて生地を10分間休ませます。
8.【成形】生地を手で押さえながらそれぞれ直径10cmくらいの円にして、オーブンシートを敷いた天板に間隔をあけて並べます。
9.【二次発酵(仕上げ発酵)】きつく絞ったぬれ布巾をかけて室温25 ~ 30℃で約40分間置いておきます。
★この間に、仕上げ用のオレンジスライスをキッチンペーパーなどで余分な水分 を切っておきます。
10.【焼成】オレンジスライスを中央にのせる為、真下を避けるようにフィリングを絞り出し、オレンジをのせて軽く押さえ、お好みでスライスアーモンドをトッピングします。180℃に予熱した電気オーブンで約15 ~ 20 分焼き粗熱が取れたら、ミントの葉(分量外)を飾ると爽やかさが増します。
《注意事項》
・発酵機能付きオーブンがあれば、一次発酵と二次発酵(仕上げ発酵)は発酵機能を使用してください。
・オーブンにより焼成時間、焼成温度が異なりますので、調整してください。

めっちゃ、抹茶。冷蔵庫で宇治抹茶うずまきパン

めっちゃ、抹茶。冷蔵庫

で宇治抹茶うずまきパン
発酵は冷蔵庫におまかせ!大納言の甘さが抹茶の生地と相性抜群です。
材料(9個分)
上白糖 20g
・塩 3~4g
・ぬるま湯(35℃前後) 165ml ~ 170ml
・《★フィリング》波照間産黒糖  30g
・《★フィリング》大納言かのこ  90g
下準備
・バター(食塩不使用)はやわらかくなるまで常温に戻します。
・始める直前に、ぬるま湯の中に砂糖とイーストを入れ、溶かしておきます。
・ボウルに強力粉、抹茶パウダー、スキムミルクを入れて混ぜておきます。
作り方
1.【計量】下準備した強力粉、抹茶パウダー、スキムミルクが入ったボウルの中に、塩を入れます。
2.【混ぜる】下準備で砂糖とイーストを溶かしたぬるま湯を一気に注ぎ、ヘラで混ぜます。
3.【捏ねる】おおよそ生地がまとまってきたらバターを加え、粉気がなくなるまで混ぜたら生地をの上に移します。ここから手で生地をなめらかになるまで捏ねます。(10分程度)
4.【一次発酵】生地の表面をはらせるように丸め、ボウルに戻します。ボウルにラップをして室温25~30℃で約50分間置いておきます。
5.【フィンガーテスト】生地が2倍程度ふくらみ、指でそっと押して跡が残ればOKです。
6.【ガス抜き】生地全体をやさしく押さえて適度にガスを抜き、再び生地を丸めてボウルに戻します。
7.【二次発酵】ボウルにラップをして冷蔵庫で8 ~ 15 時間程度おやすみします。
おやすみ後、冷蔵庫からボウルを取り出し。60 分程度常温に戻します。(生地を20℃くらいにします。)
8.【分割&丸め直し】生地全体をやさしく押さえて適度にガスを抜き、3 等分したら丸め直します。
9.【ベンチタイム】それぞれ丸め直した後、きつく絞ったぬれ布巾をかけて生地を10 分間休ませます。
10.【成形】1.生地を麺棒で縦24cm× 横12cm の長さになるように伸ばします。2.伸ばした生地の上に黒糖と大 納言かのこをまんべんなく広げ、くるくると手前から巻き、巻き終わり部分をしっかり閉じます。3.巻いた生地を3等分にカットし、アルミホイルケースにのせ、生地の真ん中を手で軽く押さえます。それぞれ天板に間隔をあけて並べます。
11.【仕上げ発酵】ふんわりとラップをかけて室温25~30℃で約15~20分間置いておきます。
12.【焼成】160℃に予熱した電気オーブンで約15~20分焼きます。
《注意事項》
・発酵機能付きオーブンがあれば、一次発酵と二次発酵(仕上げ発酵)は発酵機能を使用してください。
・オーブンにより焼成時間、焼成温度が異なりますので、調整してください。

めっちゃ、抹茶。宇治抹茶うずまきパン

めっちゃ、抹茶。宇治抹茶うずまきパン
大納言の甘さが抹茶の生地と相性抜群です。
材料(9個分)
上白糖 20g
・塩 3~4g
・ぬるま湯(35℃前後) 165ml ~ 170ml
・《★フィリング》波照間産黒糖 30g
・《★フィリング》大納言かのこ 90g
下準備
・バター(食塩不使用)はやわらかくなるまで常温に戻します。
・ボウルに強力粉、抹茶パウダー、スキムミルクを入れて混ぜておきます。
作り方
1.【計量】下準備した強力粉、抹茶パウダー、スキムミルクが入ったボウルの中に、砂糖とイーストを隣同士にくっつけて入れます。次に、塩を砂糖とイーストの反対側の端に入れます。
2.【混ぜる】ぬるま湯を砂糖とイースト側へ一気に注ぎ、イーストを溶かすようにヘラで混ぜます。
3.【捏ねる】おおよそ生地がまとまってきたらバターを加え、粉気がなくなるまで混ぜたら生地をの上に移します。ここから手で生地をなめらかになるまで捏ねます。(10分程度)
4.【一次発酵】生地の表面をはらせるように丸め、ボウルに戻します。ボウルにラップをして室温25~30℃で約50分間置いておきます。
5.【フィンガーテスト】生地が2倍程度ふくらみ、指でそっと押して跡が残ればOKです。
6.【分割&丸め直し】生地全体をやさしく押さえて適度にガスを抜き、3等分したら、丸め直します。
7.【ベンチタイム】それぞれ丸め直した後、きつく絞ったぬれ布巾をかけて生地を10分間休ませます。
8.【成形】】1.生地を麺棒で縦24cm× 横12cm の長さになるように伸ばします。2.伸ばした生地の上に黒糖と大納言かのこをまんべんなく広げ、くるくると手前から巻き、巻き終わり部分をしっかり閉じます。3.巻いた生地を3等分にカットし、アルミホイルケースにのせ、生地の真ん中を手で軽く押さえます。それぞれ天板に間隔をあけて並べます。
9.【二次発酵(仕上げ発酵)】ふんわりとラップをかけて室温25 ~ 30℃で約40分間置いておきます。
10.【焼成】160℃に予熱した電気オーブンで約15~20分焼きます。
《注意事項》
・発酵機能付きオーブンがあれば、一次発酵と二次発酵(仕上げ発酵)は発酵機能を使用してください。
・オーブンにより焼成時間、焼成温度が異なりますので、調整してください。

【HB編】湯種で作る!おいしい食パン

【HB編】湯種で作る!おいしい食パン
超簡単!HBで作る湯種食パン。湯種の特長はもっちりした食感。独特のうまみがあり、老化が遅いので、美味しい状態が長く続きます。
材料(食パン1斤分)
上白糖 15g
・塩 4g
・水 125ml
《湯種用》
・熱湯 50ml
下準備
・湯種用の強力粉と沸騰したばかりの熱湯を混ぜ合わせ、粗熱が取れたらラップに包み、冷蔵庫で一晩ねかせます。
・ホームベーカリー本体からパンケースを取り出し羽根を取り付ける。
・バター(食塩不使用) はやわらかくなるまで常温に戻します。
作り方
ホームベーカリーに、材料をすべてセットし、下準備した湯種も手でちぎりながら加えます。
※入れる順番やコースの設定はお持ちのホームベーカリーに合わせてお選びください。
コース選択後スタートボタンを押します。
焼き上がったらすぐにパンケースから取り出して冷まして出来上がり。
《スライスしよう!》
1.完全に冷めてからスライス!
パンは粗熱がとれてから、冷めた状態で切ってください。最低でも3 時間以上は置いてからスライスした方が切りやすいです。
2.食パンは横に寝かせてスライス!
このとき、切る距離が短くなるように寝かせて切ると、パンの断面の気泡がつぶれにくくなります。
3.包丁を温めてスライス!
包丁が温かい方がよく切れます。包丁を温めることにより、パンの油分を溶かし柔らかくするので切りやすくなります。布巾のかわりに熱いお湯に浸けてから切ってもOK。

湯種で作る!もっちりロールパン

湯種で作る!もっちりロールパン
材料(6個分)
上白糖 10g
・塩 3~4g
・ぬるま湯(35℃前後) 120~130ml
《湯種用》
・熱湯 50ml
下準備
・バター(食塩不使用)はやわらかくなるまで常温に戻します。
・湯種用の強力粉と沸騰したばかりの熱湯を混ぜ合わせ5分ほど練り、60分程度そのまま放置し、ねかせます。
・始める直前に、ぬるま湯の中に砂糖とイーストを入れ、溶かしておきます。
作り方
1.【計量】ボウルに強力粉と塩を入れます。
2.【混ぜる】下準備で砂糖とイーストを溶かしたぬるま湯を一気に注ぎ、ヘラで混ぜます。
3.【捏ねる】おおよそ生地がまとまってきたらバターと下準備した湯種を手でちぎりながら加え、粉気がなくなるまで混ぜたら、生地をの上に移します。ここから手で生地をなめらかになるまで捏ねます。(10分程度)
4.【分割&丸め直し】生地を6等分し、丸め直します。
5.【ベンチタイム】それぞれ丸め直した後、きつく絞ったぬれ布巾をかけて生地を10分間休ませます。
6.【成形】1.生地を麺棒で楕円形に伸ばし、細長くなるように折りたたみます。片端あたりをやさしく手で転がして、尖らせてしずく型にします。2.尖らせた、先の細い方を下にして置き、中央から上下に向かって生地を25~30cmになるように伸ばします。3.伸ばした生地を上から下へ巻き込んでいきます。オーブンシートを敷いた天板に巻き終わりを下にして間隔をあけて並べます。
7.【仕上げ発酵】きつく絞ったぬれ布巾をかけて室温25~30℃で約30分間置いておきます。
【焼成】卵(分量外)を塗り、190℃に予熱した電気オーブンで約15~20分焼きます。
《注意事項》
湯種を作る際は必ず熱湯(90℃以上) を使用して下さい。良い状態の湯種が出来ない可能性があります。
また60分以上ねかせる場合は粗熱が取れたらラップで包み、冷蔵庫で保存してください。(最大48 時間保存可能)ただし、本捏ねする前に常温に戻してから使用してください。
・発酵機能付きオーブンがあれば、仕上げ発酵は発酵機能を使用してください。
・オーブンにより焼成時間、焼成温度が異なりますので、調整してください。

バレンタインにぴったり!冷蔵庫でチョコパン

バレンタインにぴったり!冷蔵庫でチ

ョコパン
バレンタインにもぴったりな、かわいいハート型のパンです。発酵は冷蔵庫におまかせ! じっくり発酵したパンは口溶けなめらかでしっとりととろける美味しさです♪
材料(8個)
上白糖 20g
・塩 3~4g
・ぬるま湯(35℃前後) 165~170ml
下準備
・バター(食塩不使用) はやわらかくなるまで常温に戻します。
・始める直前に、ぬるま湯の中に砂糖とイーストを入れ、溶かしておきます。
・ドライクランベリーは湯通ししてから、キッチンペーパーで水気を切っておきます。
・ボウルに強力粉とココアパウダーを入れて混ぜておきます。
作り方
1.【計量】下準備した強力粉とココアパウダーが入ったボウルの中に、塩を入れます。
2.【混ぜる】下準備で砂糖とイーストを溶かしたぬるま湯を一気に注ぎ、ヘラで混ぜま す。
3.【捏ねる】おおよそ生地がまとまってきたらバターを加え、粉気がなくなるまで混ぜ たら生地を台の上に移します。ここから手で生地をなめらかになるまで捏ねます。(10 分程度)
捏ね上げが完了する少し前に、下準備したクランベリーを入れ、均一になるように混ぜます。
4.【一次発酵】生地の表面をはらせるように丸め、ボウルに戻します。ボウルにラップ をして室温25 ~ 30℃で約50 分間置いておきます。
5.【フィンガーテスト】生地が2倍程度ふくらみ、指でそっと押して跡が残ればOK です 。
6.【ガス抜き】生地全体をやさしく押さえて適度にガスを抜き、再び生地を丸めてボウ ルに戻します。
7.【二次発酵】ボウルにラップをして冷蔵庫で8 ~ 15 時間程度おやすみします。おや すみ後、冷蔵庫からボウルを取り出し、60 分程度常温に戻します。(生地を20℃くらいにします。)
8.【分割&丸め直し】生地全体をやさしく押さえて適度にガスを抜き、8 等分したら丸 め直します。
9.【ベンチタイム】それぞれ丸め直した後、きつく絞ったぬれ布巾をかけて生地を10 分 間休ませます。
10.【成形】1.生地を麺棒で楕円形に伸ばしチョコチップ(約5g) のせ、細長くなるように折りたたみます。両端あたりをやさしく手で転がして、尖らせ 、20cm くらいの長さにします。2.両端をくっつけて半分にし、しずく型にします。3.スケッパーで下から2/3 くらいまで切り込みを入れ、切り口面を上に向けるようにして形を整えます 。それぞれオーブンシートを敷いた天板に間隔をあけて並べます。
11.【仕上げ発酵】ふんわりとラップをかけて室温25 ~ 30℃で約15 ~ 20分間置いてお きます。
12.【焼成】190℃に予熱した電気オーブンで約15~20分焼き、粗熱が取れたら粉砂糖(分量外)をまぶします。
注意事項
・発酵機能付きオーブンがあれば、一次発酵と仕上げ発酵は発酵機能を使用してください。
・オーブンにより焼成温度が異なりますので、調節してください。

バレンタインにぴったり!ハートのチョコパン

バレンタインにぴったり!ハートのチ

ョコパン
バレンタインにもぴったりな、かわいいハート型のパンです。甘酸っぱいクランベリーと チョコの相性が抜群です♪
材料(8個)
上白糖 20g
・塩 3~4g
・ぬるま湯(35℃前後) 165~170ml
下準備
・バター(食塩不使用) はやわらかくなるまで常温に戻します。
・ドライクランベリーは湯通ししてから、キッチンペーパーで水気を切っておきます。
・ボウルに強力粉とココアパウダーを入れて混ぜておきます。
作り方
1.【計量】下準備した強力粉とココアパウダーが入ったボウルの中に、砂糖とイーストを隣同士にくっつけて 入れます。次に、塩を砂糖とイーストの反対側の端に入れます。
2.【混ぜる】ぬるま湯を砂糖とイースト側へ一気に注ぎ、イーストを溶かすようにヘラ で混ぜます。
3.【捏ねる】おおよそ生地がまとまってきたらバターを加え、粉気がなくなるまで混ぜ たら生地を台の上に移します。ここから手で生地をなめらかになるまで捏ねます。(10 分程度)
捏ね上げが完了する少し前に、下準備したクランベリーを入れ、均一になるように混ぜます。
4.【一次発酵】生地の表面をはらせるように丸め、ボウルに戻します。
ボウルにラ ップをして室温25 ~ 30℃で約50分間置いておきます。
5.【フィンガーテスト】生地が2倍程度ふくらみ、指でそっと押して跡が残ればOKです。
6.【分割&丸め直し】生地全体をやさしく押さえて適度にガスを抜き、8 等分したら丸 め直します。
7.【ベンチタイム】それぞれ丸め直した後、きつく絞ったぬれ布巾をかけて生地を10分 間休ませます。
8.【成形】1.生地を麺棒で楕円形に伸ばしチョコチップ(約5g) のせ、細長くなるように折りたたみます。両端あたりをやさしく手で転がして、尖 らせ、20cm くらいの長さにします。2.両端をくっつけて半分にし、しずく型にします。3.スケッパーで下から2/3 くらいまで切り込みを入れ、切り口面を上に向けるようにして形を整えます 。それぞれオーブンシートを敷いた天板に間隔をあけて並べます。
9.【二次発酵(仕上げ発酵)】ふんわりとラップをかけて室温25~30℃で約15~20分間置 いておきます。
10.【焼成】190℃に予熱した電気オーブンで約15~20分焼き、粗熱が取れたら粉砂糖(分量外)をまぶします。
注意事項
・発酵機能付きオーブンがあれば、一次発酵と二次発酵(仕上げ発酵)は発酵機能を使用してください。
・オーブンにより焼成温度が異なりますので、調節してください。

ページトップへ